[実録]女のSEX告白 花火に合わせて突き上げられ最後は精子を空中に噴出姦

[実録]女のSEX告白 花火に合わせて突き上げられ最後は精子を空中に噴出姦

1: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:30:40.64 ID:yy0kc6Wm0
(知佳さん=仮名・22歳・アルバイト)
 
彼氏に花火を見に行こうと誘われたんです。なんでも、すごい穴場を見つけたのだとか。
その当日、彼の車で出掛けたら、山奥の細い道を抜けたところに崖があり、その上から花火がすごくよく見えたのです。
「うわぁ、キレイ!」
私は転落防止の柵をつかんで身を乗り出すようにして花火を満喫していました。するとドーンとひときわ大きな花火が上がった瞬間、彼が後ろから私の浴衣の裾をつかんで、バーッとめくり上げたのです。

 
 
 


 
5: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:31:12.10 ID:yy0kc6Wm0
「いや! 何すんの!?」
「浴衣の裾を広げたら、花火みたいだと思ってさ」
その時、またドーンと花火が上がり、それに合わせて彼が「ドーン」と言いながら裾をめくり上げるのです。バカみたいだと思いながらも、周りに人の気配はないのでまあいいかと思って、私はまたお尻を突き出して花火を見ていたのです。

 
 
 
23: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:32:26.92 ID:KYkNDAMPa
>>5
奈倉確定

 
 
 
6: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:31:26.06 ID:yy0kc6Wm0
彼は花火が上がる度に浴衣をめくり上げるのですが、私もだんだんそれが快感になってきてしまって、気がついたらアソコがヌルヌルに…。
「おい、パンティーに染みができてるぞ。汚れたら困るだろ。脱いでおけよ」
と訳の分からないことを言って、私のパンティーを脱がして、また浴衣の裾を何度もめくるのです。

 
 
 
9: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:31:38.88 ID:yy0kc6Wm0
「ああ、もうたまらねえよ」
そう言うと彼は、今度はズボンを脱ぎ捨て、浴衣の裾を扇のようにめくり上げてペニスを挿入し、花火に合わせてズン! と突き上げてくるのでした。
「はあああん」
力任せに突き上げられると、私の口からは喘ぎ声がこぼれてしまいます。
「おい、どうせなら、『たーまやーっ』とか叫べよ」
それがどういう意味なのかは知りませんが、もう気持ちよくて訳が分からなくなっていた私は、彼の言う通りにしました。
「たーまっはああぁんやっはあああん!」
「おお、なんかエロいな」

 
 
 
14: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:31:51.63 ID:yy0kc6Wm0
彼は大喜びでペニスを突き上げ続けます。
すると花火も大詰めに差しかかったらしく、大きい花火が連続で何発も打ち上げられます。もちろん彼はその花火に合わせて連続でペニスを突き上げ続け…。
「ああっ、もう出る!」
と叫んだと思うと、ペニスを私のオマ○コから引き抜きました。それと同時に勢いよく精液が噴き出し、まるで花火のように高く打ち上げられたのでした。
 
 
(書き手・

 
 
 
25: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:32:44.76 ID:9x12Fuzxa
ウィーン イク~
㌰㌰㌰㌰㌰㌰
タダイマケイサンチュウデス
㌰㌰㌰㌰㌰㌰㌰
ハンテイガカンリョウシマシタ
ギャー!ギャー!ギャーッ!
奈倉100パーセント

 
 
 

 
40: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:34:03.63 ID:saB7bmP3d
>>25
無能

 
 
 
46: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:34:28.61 ID:2gQaAEat0
>>25
無能

 
 
 
48: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:34:50.01 ID:LUGT2qtE0
>>25
無能

 
 
 
30: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:33:24.43 ID:yy0kc6Wm0
(書き手・柏木春人)
wjn.jp/article/detail/5338857/
掲載日時 2017年08月01日

 
 
 
33: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:33:38.19 ID:KmXEzENtp
>>25
有能

 
 
 
37: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:33:57.71 ID:yy0kc6Wm0
奈倉多すぎで草
 
 
 

 
47: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:34:38.19 ID:BgCt85Zm0
これ現在進行形で書いとるんか?
 
 
 
50: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:35:02.86 ID:yy0kc6Wm0
[実録]女のSEX告白 経営者と2人きりの海の家 熟練の中年テクニックで絶頂
 
(美緒さん=仮名・19歳・女子大生)
 
海の家でアルバイトを始めたのですが、その日は台風が通過したため海は大荒れ。経営者の村山さん(57)は、アルバイト全員にLINEで営業中止を連絡したのですが、私だけは見落としてしまいました。

 
 
 
52: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:35:14.14 ID:yy0kc6Wm0
「まあ、せっかく来たんだから、かき氷でも食べる?」
彼は笑顔でイチゴミルクをたっぷりかけた氷をご馳走してくれました。
荒波と強風が押し寄せる海岸を畳の座敷から眺めていると、突然、村山さんが「美緒ちゃんは、処女捨て島の存在を知っている?」と言いました。

 
 
 
54: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:35:25.92 ID:yy0kc6Wm0
「昔、あるところに新島っていう島があってな。若い女は早く処女を失いたくてそこを目指しましたとさ」
村山さんは民話を語るおじいさんのような口調で、語り始めたのです。彼はもうすっかり白髪頭ですが、若い頃はモテ男で、その島でひと夏に20人の処女をいただいたそう。
実は私、処女ではないのですが性体験は一度だけ。その一度も痛すぎて、セックスがいいものだとは到底思えませんでした。
だから、経験豊富な村山さんにちょっとだけ興味を持ったのでした。

 
 
 
56: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:35:30.37 ID:Tu0J4CX/d
実録ってなんなんやろ
 
 
 
57: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:35:45.03 ID:yy0kc6Wm0
「新品のペニスより、俺みたいな軟らかいビンテージものもいいぞ」
こう言うと抵抗する間もなく、彼は私の唇をキスで塞いでいました。でも、オジサマ好きの私は特に抵抗もせず、目を閉じたまま。彼はショーツを下ろし、Tシャツをめくって激しく胸を揉んだ後、乳首を隠していたニプレスを思いっきり剥がしました。
「痛い!」
「ごめんね。大丈夫だよ。下は痛くしないから」
今度は花弁を広げ、優しくクリトリスを舐められると、気持ちよすぎて涙と鼻水が同時に出てしまうほど。

 
 
 

 
59: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:35:56.79 ID:yy0kc6Wm0
荒れ狂う海のそばで、嵐のような性欲を持った彼は強引に私を押さえつけます。恐る恐る足を広げると、正常位で海の底より深く入ってきました。
「ああ~っ、いい!」
「なぁ、痛くないだろう?」
硬いペニスと違い、バナナより軟らかいので相性もグッド。ゆっくり動きながら、乳首を軽く噛まれて…。
熟練した中年のテクニックに私は完全ハマり「ああっ、イク~ッ」と波音に負けないほどの絶叫とともに果てました。今は早くまた2人っきりになりたくて、毎週、台風が来るのを心待ちにしています。
(書き手・

 
 
 
72: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:37:38.38 ID:yy0kc6Wm0
(書き手・奈倉清孝)
wjn.jp/article/detail/8704550/
掲載日時 2017年07月28日

 
 
 
73: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:37:44.06 ID:R3Qjgk7Ea
>>59
頭おかしいのは奈倉や

 
 
 
77: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:38:06.83 ID:8PzsPWVtp
ペニスなら柏木って言った奴出て来いや!
 
 
 
78: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:38:14.62 ID:bDINpDVj0

 
乳首の奈倉
おっぱいの柏木
 
 

 
 
 
81: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:38:18.25 ID:oR6o9B9Z0
>>73
柏木はおかしくないもんな

 
 
 

 
96: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:39:30.02 ID:bDINpDVj0

 
>>77
オチンチンなら柏木なだけだぞ

 
 
 
99: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:40:06.87 ID:MVqNewSU0
まれに奈倉も真面目傾向の文書くから油断ならん
 
 
 
100: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:40:30.01 ID:yy0kc6Wm0
しゃーないな過去問出すか
 
 
 
105: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:40:48.61 ID:yy0kc6Wm0
[実録]女のSEX告白 観光の合間に大型バスの運転手と特大亀頭のチ○ポで車内セックス
 
(ひろみさん=仮名・26歳・OL)
 
夫とバス旅行に行く予定だったのに、急に夫に仕事が入ってしまいました。
「私よりも仕事が大事なのね!」と軽く口げんかになりましたが、キャンセル料がもったいなくて、私1人で行くことにしました。
だけど、ツアー客はカップルばかりで、手持ちぶさたもあって、ずっと運転手さんの後ろ姿を見ていました。大型バスを自在に操る様子はとても格好よくて、惚れ惚れしてしまいます。

 
 
 
110: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:41:04.05 ID:yy0kc6Wm0
現地に着くと、ガイドさんに先導されて観光したのですが、私は「頭痛がするから」と言って、途中でバスに戻りました。
すると予想通り、運転手さんがバスで仮眠していたのです。気配を感じたのか彼が目を覚ましました。
「あれ? もう観光は終わったんですか?」
「ううん。私は観光より運転手さんに興味があるの」
バスのシフトレバーを触りながらシナを作ると、彼はツバを飲み込みました。
「さっきもずっと俺のことを見てただろ?」
「気付いてたの?」
「俺も気になってたんだ」
そういうことなら話が早いと、私は正直に自分の気持ちを打ち明けました。
「夫とケンカしてムシャクシャしているの。楽しい旅の思い出をちょうだい」
「そいつは観光バスの運転手の義務だな」
そう言うと通路にレジャーシートを敷いて私を押し倒しました。車高が高いので、横になると外から見られる心配はありません。

 
 
 
112: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:41:24.66 ID:yy0kc6Wm0
彼は私のパンティーを脱がすと、自分も下半身だけ裸になりました。すでに勃起していたペニスはバスのシフトレバーとそっくり。亀頭が異常に大きいのです。
「こいつで気持ちよくしてやるよ」
すでにアソコが濡れていることを指先で確認すると、彼はその巨大な亀頭をねじ込んで来ました。
「ああぁん、裂けちゃうゥ」
だけどヌルヌルになっていた私のアソコは簡単に飲み込んでしまうのです。
「おお、気持ちいいぞ」
「ああん、もっと動いてェ」
私がお願いすると、彼は大きな観光バスが揺れるほど激しく腰を振ります。

 
 
 

 
114: 以下、なぎ速報がお送りします 2018/11/23(金) 17:41:38.37 ID:yy0kc6Wm0
「ああぁ、ダメ。もうイク」
「最後にあれを言ってくれ」
私は意識もうろう状態で、その言葉を口にしました。
「あぁん、発射オーライ!」
「おおおっ、で、出る!」
彼は熱い体液を私の中に放出してくれました。運転手さん、楽しい旅の思い出をありがとう!
 
 
(書き手・

 
 
 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。